面接のお礼メール例文

採用面接などに参加した後は、担当者あてにお礼メールを送っておくと印象が良くなります。 ここでは、そんな時に使えるメール例文を紹介。

就職活動(就活)おいて、採用面接の後で出すお礼状の代わりに、最近ではメールでその気持ちを伝えるケースが増えてきています。送ることで内定に近づくかどうかは別として、貴重な業務の時間を面談に割いていただいた感謝の気持ちを素直に表現することは、決してマイナス評価にはなりません。
しかし、メールの場合お互いの顔が見えないので、おのずと文章自体の構成がポイントとなり、メール慣れしている学生でも、普段友達と交わすメールとは違ったビジネスマナーに戸惑うことが多いようです。
いつも通りの友達言葉や失礼な文章をメールしないよう、こちらでしっかりとメールの基本を確認しておきましょう。

昨日の面接のお礼メール例文


件名:面接の御礼【○○大学・佐藤太郎】

○○株式会社
人事部○○課
採用担当 ○○様

○○大学○○学部○○学科の佐藤太郎と申します。
昨日は、お忙しいところ面接をしていただき、
誠にありがとうございました。

面接での○○様のお話から
貴社の経営方針や理念について非常に感銘を受けました。
また、社員の方々の仕事に対する熱意や現場の厳しさ等
非常に興味深いお話を聞くことができ、心より感謝申し上げます。
皆様からさまざまなお話を伺ったことで、
さらに貴社へ入社したいという気持ちが高まりました。

取り急ぎ、本日の面接の御礼とさせていただきます。
末筆ながら、貴社のますますのご発展と
社員の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

==================================
以下、就活に使える署名サンプルページを参照

【その他の関連コンテンツ】